福岡のシステム開発-ソフトウェア開発
電話営業の強い味方

アウトバウンドコールシステム

31

さきがけコール

プレディクティブコール

さきがけコールとは

電話ロボットが先行して発信を行い、お客様が電話をとったときのみオペレータにつなぐ方式です。オペーレーターより多く回線を用意することでオペレータの待ち時間が少なくなり、お客様と通話できる時間が飛躍的に増えます。

さきがけコールの特徴です。
・架電効率大幅アップ
・トータルコストを抑えたシステム設計
・データ集計・管理
・通話モニター
・発信先データを自動作成
・発信規制(Do Not Call)対応

〇〇〇〇について相談する

電話番号を入力してください。

さきがけコールの動作説明

電話ロボットが先行して発信を行い、お客様が電話をとったときのみオペレータにつなぐと同時にお客様情報を画面にポップアップさせます。オペレーターが待機しているときは電話には音楽が流れています。オペーレーターより多く回線を用意することでオペレータの待ち時間が少なくなり、お客様とお話しできる時間が飛躍的に増えます。

さきがけコールの特徴

● 架電効率大幅アップ
システム導入前と比べて架電効率が2~3倍向上します。(人件費が1/2~1/3になったのと同じ効果です)
※ 発信先が企業か一般家庭、オペレーターあたりの割り当て回線数によって架電効率に差がでます。


● トータルコストを抑えたシステム設計
オペレーターの仕事開始、発信結果入力、休憩等、全ての操作は電話機で行えます。
1台のCTIサーバーで、最大オペレーター30名まで対応できます。1台のPCを複数のオペレーターで使用することでコストの大幅な削減ができます。

● データ集計・管理
その日のオペレーターの獲得したアポイント件数、対応時間等の集計が容易に行えます。


● モチベーションアップ
画面共有オプションを設定することで、オペレーターが一つの画面を共有するため互いの作業を確認でき、獲得したアポイント件数等で自然と競争心を生み、オペレーターのモチベーションアップに繋がります。

● 公平性を保つ
どのオペレーターに何回電話が繋がったかをシステムが制御しますので、1人のオペレーターに集中して電話が繋がることはなく公平に業務を分配します。

● 通話モニター
オペレーターとお客様の通話内容を管理者が聞くことができます。クレーム対応の的確な指示やオペレーターの教育に役立ちます。

● 発信規制(Do Not Call)対応
予め発信してはいけない客先を登録しておくことにより、発信対象から省きます。
再度電話をかけてクレームになることを想定すると必須の機能です。

システム構成例

発信用回線は4~60回線まで増やせます。オペレーター側の回線は1席単位で増やせます。

オペレーターが使うPCは、1人1台が原則ですが複数のオペレーターで共有しながら使うことも可能です。

さきがけコールの応用

画面を共有してPCを減らすテクニック

オペレーターの人数に対して回線数が多いと発信効率が高まります。

例1:4回線に対してオペレーター3人の場合

3人のオペレーターに対して4本の回線を使用し、お客様に次々と自動発信させ回線の空き時間やオペレーターの待ち時間などを無くし、発信効率が飛躍的に高まります。 

例2:オペレーターの休憩時間を分散させて効率アップ 

トイレ休憩時でも回線を有効利用できます。

Choose Your Color
株式会社アンソネット
【福岡本社】
〒815-0041 福岡市南区野間4丁目9-24
(TEL)092-512-5600
(FAX)092-401-5601