CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

クラウド型プレディクティブコールによる業務の効率化とコスト削減

クラウド型プレディクティブコールによる業務の効率化と劇的なコスト削減
プレディクティブコールが業務効率を上げることができる仕組み2
プレディクティブコールが業務効率を上げることができる仕組み3
プレディクティブコールが業務効率を上げることができる仕組み4
プレディクティブコールが業務効率を上げることができる仕組み5
プレディクティブコールが業務効率を上げることができる仕組み6
 クラウド型プレディクティブコールによる業務の効率化と劇的なコスト削減
プレディクティブコールは「さきがけコール」の商品名で長年販売とバージョンアップを重ねてきました。 まずプレディクティブコールが業務効率を上げることができる仕組みを説明します。 今回、プレディクティブコールシステムをMA(マーケティングオートメーション)として再認識し、下記のような大幅な改善を行うことで、さらに低コストで使いやすいシステムになりました。 1.ケータイ回線を使って発信することで通信費が大幅に削減可能になり、新しいマーケティングツールとして生まれ変わりました。 2.サービスの提供をオンプレミス方式からクラウド方式にしましたので、初期導入費用が安く、また在宅オペレータの活用も用意になりました。(働き方改革) 3.支払方法も一括購入からレンタル方式での提供になりましたので、初期導入コストが低くなり、より導入しやすくなりました。