CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

◆  発信ナビ 発信リスト分配タイプ  ◆

発信リスト分配タイプ は、サーバーに電話番号のリスト(CSV形式ファイルなど)を読み込ませ、そのリストを1件ずつ各オペレータに分配しながら発信するタイプです。電話番号のリストは各オペレータには必要なく、サーバーだけに読み込ませることで効率的に各オペレータへリストが分配されます。また、「さきがけコール」との兼用タイプが提供可能です。オプションで履歴表示発信規制FAX送信機能などを付加することもできます。



● コールセンターシステム画面・帳票イメージ
テレマ担当別分析表   担当者ごとのコール状況の表を出力できます。
処理残一覧表   コールができていない顧客の一覧を出力することができます。
電話履歴一覧表   各担当のコールの履歴が一覧で表示されます。
履歴表示(※オプション)
履歴を表示することができます。着信件数や発信件数、通話時間などの詳細なデータも確認でき、録音した通話内容の音声ファイルを聞くことも可能です(※オプション)。
発信規制(Do Not Call)対応(※オプション)
予め発信してはいけない客先を登録しておくことにより、発信対象から省きます。再度電話をかけてクレームになることを想定すると必須の機能です。
FAX送信機能(※オプション)
発信した電話番号がFAX番号だった場合、または発信先が留守でFAXモードのときはFAXボタンをクリックすることで事前に用意したFAXを送信することができます。
留守番電話機能(※オプション)
発信した電話番号が留守録の場合、留守録ボタンをクリックすることで事前に用意した音声ファイル(WAV形式)を留守録用メッセージとして流すことができます。留守録の度に毎回同じことを話す手間や内容の間違いもなく効率的です。
顧客管理ソフトとのリンク(※オプション)
既存の顧客管理システムが存在するときは発信ナビとリンクすることで、ワンクリックで顧客情報画面にジャンプでき、いつでも容易に詳細な顧客データの確認ができます。