CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

◆  発信ナビ リスト発信タイプ  ◆

リスト発信タイプ は、CSV形式ファイル等を読み込んでリストを作成・表示します。膨大な顧客情報の中から、電話番号や顧客名などの必要最小限の情報をリスト化するため視認性に優れます。また、スクリプト表示機能により、事前に作成した会話内容を表示して会話する事で円滑に業務を遂行できます。発信方法はリスト内の電話番号を選択して発信ボタンを押すだけです。オプションで履歴表示発信規制FAX送信機能などを付加することもできます。

発信方法
リスト発信タイプの各機能
3. スクリプト表示機能 お客様と会話する内容をテキスト表示します。表示内容は業務に応じたものを事前に作成しておきます。作成した内容に沿って話すことでどのオペレーターでも同じように業務を遂行でき、作業の効率化を図ることができます。
4. 発信履歴表示(※オプション) 履歴を表示することができます。着信件数や発信件数、通話時間などの詳細なデータも確認でき、録音した通話内容の音声ファイルを聞くことも可能です(※オプション)。

5.発信規制(Do Not Call)対応(※オプション) 予め発信してはいけない客先を登録しておくことにより、発信対象から省きます。再度電話をかけてクレームになることを想定すると必須の機能です。



6. FAX送信機能(※オプション) 発信した電話番号がFAX番号だった場合、または発信先が留守でFAXモードのときはFAXボタンをクリックすることで事前に用意したFAXを送信することができます。

7. 留守番電話機能(※オプション) 発信した電話番号が留守録の場合、留守録ボタンをクリックすることで事前に用意した音声ファイル(WAV形式)を留守録用メッセージとして流すことができます。留守録の度に毎回同じことを話す手間や内容の間違いもなく効率的です。
8. 発信結果出力(帳票、CSV形式ファイル)
発信結果の詳細を一覧表にして印刷、またはCSV形式で出力する事が可能です。出力する日付の範囲を指定することができ、電話処理の結果や発信日付、発信時間などを出力します。
9. CSV形式からのデータ取り込み CSV形式のファイルを読み込んでリストを作成・表示し、リスト内の電話番号もしくは携帯電話番号を選択して発信することができます。顧客情報の中から、電話番号や顧客名などの発信に必要な項目をリスト化して表示するため非常に見やすく発信も容易です。