CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

◆  電話ロボット  ◆

アウトバウンド系CTIシステム・接客ナビの流れ

インバウンド系CTIシステム・接客ナビの流れ

オートコールシステム

ロボット方式 イン/アウトバウンド コールシステム「電話ロボット SUPER」は、設定された電話番号の一覧に対して、自動的に電話をかけていきます。お客様が電話にでられ、設問に答えられると、あらかじめパソコンで録音しておいたスクリプトスケジュールで音声ファイルを再生していきます。選択履歴データを分析し、人によるテレマを行ったり次のスクリプト作成時に生かすことができます。
お客様がオペレーターを呼び出せる機能がありますので、通販のテレマをまずオートコールで行い、購入希望のお客様のみオペレータにつなぐ等の使用法が可能です。
また、「電話ロボット SUPER」はソフトの追加を行うだけで、さきがけ方式 アウトバウンド コールセンター システム 「さきがけコール」 としてもご利用いただけます。(※ 多回線版のみ)
「さきがけコール」の詳細はこちらから! ⇒ プレディクティブ アウトバウンドCTI さきがけ
・電話ロボット 単回線版:1回線専用・単回線専用電話機一体型CTIコントローラー使用
・電話ロボット 多回線版:多回線用・多回線対応型CTIコントローラー使用
経費大幅削減のシミュレーション  例1 (8名の人件費を電話ロボットに置き換える場合)
・オペレーター8名の人件費 20万円x8名=160万円
・8回線用の電話ロボットリース料 (5年リース)4万円
・4万円÷160万円=1/40
 例2 (8名でアウトバウンドの電話 → 8回線の電話ロボットで発信し2名のオペレーターさんで成約する)
・オペレーター8名の人件費 20万円x8名=160万円
・8回線用の電話ロボットリース料 (5年リース)4万円+オペレーターさん2名の人件費 40万円
・44万円÷160万円=約1/4

特徴  ●設定された電話番号に対して自動的に電話発信
あらかじめパソコンで録音しておいた音声ファイルを再生し、お客様が電話のボタンを押し、質問形式で対応していきます。コンピュータが対象顧客に自動発信しますので手動に比べて効率が大幅アップ。ロボットは発信ミスや漏れを防ぎ、休憩不要で働きます。

 ●必要時な時にはオペレーター接続が可能
あらかじめパソコンで録音しておいた音声ファイルを再生し、お客様が電話のボタンを押し、質問形式で対応していきます。コンピュータが対象顧客に自動発信しますので手動に比べて効率が大幅アップ。ロボットは発信ミスや漏れを防ぎ、休憩不要で働きます。

 ●スクリプト設定
スクリプトの設計と設定はお客様でも簡単に出来るように致しました。
当社へ依頼して頂き、オンラインで設定する事も可能です。

 ●発信結果確認表・集計結果一覧表
発信結果の詳細は一覧表にして表示・印刷する事ができます。
最後までアンケートにお答え頂いたお客様にオペレーターが電話する時にお使い頂けます。
電話処理の成功や失敗の数と、その原因。お客様がどのような選択をされたか等を一覧表示します。

 ●さきがけ方式(プレディクティブ) アウトバウンド コール機能(※ 多回線版のみ)
電話ロボット SUPERは、ソフトの追加を行うだけで さきがけ方式 アウトバウンド コールセンターシステム 「さきがけコール」 としてもご利用いただけます。

「さきがけコール」の詳細はこちらから! ⇒ さきがけ方式 アウトバウンド コールセンター さきがけコール

SoftBank携帯を使ったオートコール
オートコールする回線として、ソフトバンクの携帯電話を使用可能です。ソフトバンクのゴールドプランに加入すれば、ソフトバンク携帯電話同士の日中の通話料が無料(※1)になります。
これを利用して携帯電話に向けてオートコールすることで、ソフトバンク携帯電話への通話料は無料にすることができます。平成18年10月末現在、携帯電話市場におけるソフトバンクのシェアは約16%ですので、携帯電話へランダムに電話した場合、シェアと同じ率、約16%(※2)分の通話が無料になります。
(※1) 詳しくはソフトバンクのページでご確認ください。
(※2) 保有している携帯電話番号のキャリア分布が、シェアと同程度の場合。保有している携帯電話番号のソフトバンク率が高い場合は、より高い割合で通話料を無料にすることができます。
オートコールシステムのシステム構成
● 多回線版
オートコールシステムのシステム構成 多回線版
● 単回線版
オートコールシステムのシステム構成 単回線版
● ソフトバンク携帯使用例
オートコールシステムのシステム構成 ソフトバンク携帯使用例
※ソフトバンク携帯のゴールドプランを使用することで、(携帯電話へのオートコール時の)通話料の削減が可能です。
※図は単回線版になっていますが、多回線版でも同じことが可能です。

オートコールシステムのオプション

 ●オペレーター呼び出し
オートコールで発信後、お客様が必要に応じてオペレーターを呼び出すことができます。より詳しい説明が必要な場合の対応や、その場でクロージングを行いたいニーズに対応しています。

 ●電話帳データ抽出
全国3700万件のデータを含んだ電子電話帳から電話番号・名前・住所などのデータを抽出します。抽出した膨大なデータは、電話ロボットに発信先情報として取り込んでご活用いただけます。

 ●FAX送信
オートコールで発信後、お客様が必要に応じてFAXで情報を取り出せる機能です。電話では伝えきれないより詳しい説明が必要な場合にご利用いただけます。