CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

◆  さきがけコール  ◆

「さきがけ」システムの機能

● 架電効率大幅アップ
導入前と比べて架電効率が約2倍に向上します。(人件費が1/2になったのと同じ効果です)
※ 発信先が企業か一般家庭、オペレーターあたりの割り当て回線数によって架電効率に差がでます。

● トータルコストを抑えたシステム設計
オペレーターの仕事開始、発信結果入力、休憩等、全ての操作は電話機で行えます。
1台のCTIサーバーで、最大オペレーター30名まで対応できますので、オペレーターの人数分のPC端末を
準備する必要がない為、コストの大幅削減を可能にしました。

● 自由度の高い画面配置と人員配置
1台のクライアントPCに複数の画面をつなぐオプションを準備しました(最大3台)。
各ディスプレイ上でのオペレーター画面の配置は自由に設定できます。
「さきがけ」システムの使用パターン
室内配置パターン
● データ集計・管理
その日のオペレーターが獲得したアポイント件数等の集計が容易に行えます。またオペレーターの休憩時間、
タイムカードの管理を行うことで効率的に日々の業務を推進できます。

● モチベーションアップ
画面共有オプションを設定することで、オペレーターが一つの画面を共有するため互いの作業を確認でき、
獲得したアポイント件数等で自然と競争心を生み、オペレーターのモチベーションアップに繋がります。
モチベーションアップ
● 公平性を保つ
どのオペレーターに何回電話が繋がったかをカウントしているので、一人のオペレーターに集中して電話が
繋がることはなく公平性を確保できます。
● 通話モニター
オペレーターとお客様の通話内容を管理者が聞くことができます。クレーム対応の的確な指示や
オペレーターの教育に役立ちます。
通話モニター

● 発信先データを自動作成
局番の範囲指定、企業のみや一般家庭のみの条件も指定できます。
さらに、一般家庭の中でも一戸建てのみ、集合住宅のみという指定も可能です。
● 発信規制(Do Not Call)対応
予め発信してはいけない客先を登録しておくことにより、発信対象から省きます。
再度電話をかけてクレームになることを想定すると必須の機能です。