CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

◆  ハイブリッド型アウトバウンド コールセンターシステム  ◆

プレディクティブコール
プレビューコール
ロボットコール
クリーニングコール
インバウンド接客ナビ
プレディクティブコール(さきがけコール)、プレビューコール(クリックコール)、ロボットコール、クリーニングコール、インバウンドコール(接客ナビ)の組み合わせで、コールセンターの効率を大幅に向上させる統合型アウトバウンドコールセンターシステムです。

◆  さきがけコール  ◆(さきがけ方式アウトバウンドコールセンター)⇒ロボットが電話をかけて、つながると人が対応。人件費が半分に!

人件費を約1/2に抑えます
パソコンは、2人~12人に1台でOK!
通話モニター機能付で教育もバッチリ!
管理表も充実、タイムカードもなくせます
オペレータの空き状況と回線状況を判断して、効率的にロボットが電話発信を行う「さきがけ」システムです。手動での発信に比べ、無駄な休憩時間、電話番号入力、コーリング中の待ち時間、不在時のロスを省けるため、導入前と比べて架電効率が約2倍に向上します。又、結果入力を電話機からできるようにしたり、PC画面を数人でシェアすることにより、ハードのコストも下げました。

◆  電話ロボットSUPER  ◆(ロボット方式イン/アウトコールセンター)⇒人いらず。文句も言わず。時給50円以下で働き続ける電話ロボット。

人手をかけずにロボットが対応
驚異的なローコストマーケティングを実現
発信のみならず、電話受信もOK!
発信結果はテキスト出力も可能!
携帯電話を使ってお得な発信!
アンケート形式で見込み客の発掘を行い、その後、人の手で再コールするのが一般的ですが、人件費のかからない仕組みを利用して、部品交換の案内や未入金のお知らせ等にも利用されています。又、発信だけでなく着信での応答もできますので、イベントでの利用も可能です。

◆  発信ナビ  ◆(アウトバウンドコールシステム)⇒電話発信業務のノウハウがここに凝縮!

お客様のニーズに合せた6つの発信パターン
● リスト発信       ● どこでも発信
● 画面自由設計    ● 発信リスト分配
● インアウト       ● エンタープライズ
発信履歴の結果を集計分析して次の営業に生かします。柔軟な抽出機能が電話営業の成功へと導きます。音声録音ができるので改善点も見出せます。
6つのソフトウェアと3つのハードウェアの組み合わせでアウトバウンドコールセンターのあらゆるニーズに対応し、本格的なアウトバウンド業務を構築できます。

◆  発信ロガー  ◆(アウトバウンドロギングシステム)⇒電話内容をサーバーに残し、通話の見える化を実現

今まで消えていた通話内容がサーバーに残る
お客様ごとに検索・再生できる
現在の通話を管理者がモニターできる
通話の「見える化」を実現
今までは、消えてしまっていた通話内容がサーバーに残り、お客様ごとに検索・再生が可能になります。
管理者の方は、現在オペレータが通話中の内容をモニターすることができます。
通話の「見える化」を実現。
▲ このページのTOPへ