CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

◆  スマホコール版 発信ナビ  ◆

smaphocallsmaphocall-kino

スマホコール版 発信ナビによる5つの改善

  • 1. 通話料¥0
    携帯電話の「かけ放題」を活用することで、限りなく通話料を0円に近づけることができます。平均1回の通話料20円が0円になるので、劇的なコスト削減になります。
  • 2. 通話録音
    スマホからも全ての通話録音が履歴と紐付いて残せます。
  • 3. 架電効率アップ
    発信先が留守で留守録モードになったとき、あらかじめ用意しておいたメッセージを流しオペレーターの作業を軽減できます。
  • 4. スタッフの人事評価
    担当者の発信・通話・成約・拒否・不要・留守等のそれぞれの件数と率の集計による成績管理ができます。
  • 5. 発信対象の規制
    予め発信してはいけない客先を登録しておくことにより、発信対象から省きます。再度電話をかけてクレームになることを想定すると必須の機能です。

スマホを使ったアウトバウンドコールシステム概念図 スマホの「かけ放題サービス」を活かしたアウトバウンドコールシステム特徴 アウトバウンドコールセンターシステムの機能と特徴 アウトバウンドコールセンターシステムのログイン画面とオペレーター画面アウトバウンドコールセンターシステムの発信規制先設定 アウトバウンドコールセンターシステムの各種帳票