CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

【発信規制システムの説明】

①お客様に"営業コール"を行います。

②電話機にてプッシュされたダイヤル番号をCTIコントローラーへ

③CTIコントローラーから発信規制データベースで対象番号を検索。

④発信規制対象番号の場合、CTIコントローラーへ発信拒否が通知されます。

⑤担当のオペレーターに音声で通知し、発信を止めます。

"営業コールを拒否"したお客様への再コールを確実に規制します。
電話での簡単な操作で電話発信できます。(規制登録も可能)営業コール担当者は、電話機だけでもご利用できます。

"簡単な操作"で営業コール担当者の負担を減らします。

【仕様】


●既存電話設備(PBX等)を置き換えることなく発信規制が可能になります。
  (※既設の電話設備の設定も使えます。)
●既に発信禁止リストをお持ちの場合、その発信規制データベースに取り込むだけで、発信規制運用をスタートできます。
●大容量データベースに対応、100万件程度の規制先登録が可能です。

●アナログ、INS64およびINS1500に対応します。
  ※各回線を混在して使用できます。
●回線数は4回線から最大60回線までサポートします。(4回線単位の増設)
  ※INS64は2~30回線(4~60ch)、INS1500は1~2回線。
●発信規制がかかると、音声または特殊なトーン信号で通知します。
●停電などによるトラブルの際にも通常のアウトバウンド業務を継続することができます。
●通話録音機能もあり、伝言のメモを取る必要がありません。(オプション:CTIシステム)