CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

Skypeツール|留守番電話の通話内容をメールで自動連絡

▼skypeツール


外出時のSkype着信を携帯へメール送信。 こえめ~る for Skype は、留守番録音状態の Skype(※1) が作成した音声ファイルを携帯電話で再生可能な形式(※2) に変換し、メール送信するソフトウェアです。

すでに Skype を企業内の内線電話として利用している場合、外出中のスタッフへも音声によるシームレスな業務連絡が可能になります。

(※1) Skype を 留守番録音状態にするには別途、こえめ~る for Skype で対応している Skype用 留守録ソフトウェアが必要です。

現時点での対応ソフト

(※2) 携帯電話で再生可能な形式として、3GPP形式(NTT DoCoMo FOMA、au CDMA 1X WIN 対応)、QCP形式(au全般)の2種類をサポートしています。

留守録したメッセージの一覧が表示されるメイン画面です。メッセージの再生や削除などの操作もこの画面で行います。

送信先のメールアドレスや、音声形式を設定するオプション画面です。

▼skypeツール


Skype発信ツール は、トリガーキー

(※1) + 右クリック で表示されるメニューからSkypeで発信するツールです。Windows上で動作するほとんどのアプリケーションに対応

(※2) していますので、「電子メールに書いてあるスカイプ名へ発信」、「ブラウザで表示している電話番号へ SkypeOut

(※3) で発信」、「顧客管理ソフトで表示されている電話番号へ SkypeOut (※3) で発信」、などが 可能です。

(※1) トリガーキーは Shift、Ctrl、Alt、キーから任意のキーの組み合わせを選択可能です。(標準ではShiftキー)

(※2) Windows 上で動作し、テキストの範囲選択が可能なすべてのアプリケーションに対応しています。

(※3) SkypeOut(Skypeから固定・携帯電話などへ有料発信するサービス)を利用するには Skype 社への登録が必要です。


Skypeの通話は、皆さんご存知のことと思います。Skypeどうしなら無料であることはご承知のここと思います。しかし、Skypeから一般の固定電話に通話できることもご存知でしょうか。一般電話に掛けた場合の料金は、日本中どこに何時間かけても1ヶ月の通話料金は690円というプランがあります。