CTIシステムはアンソネットにご相談ください。

発信規制ダイヤル かけてはいけない相手への発信を規制

営業電話、テレアポなどで電話をかけても相手先から電話を拒否されることがあります。 商品取引所法の改正(2005年5月~)に伴い、断られたお客様への再勧誘ができなくなりました。 しかし、気がつかないうちに同じ所に再度電話をかけてしまうことがあります。 そういったミスを防止するための機能として「発信規制ダイヤル」があります。
【発信規制システムの説明】 ①お客様に"営業コール"を行います。 ②電話機にてプッシュされたダイヤル番号をCTIコントローラーへ ③CTIコントローラーから発信規制データベースで対象番号を検索。 ④発信規制対象番号の場合、CTIコントローラーへ発信拒否が通知されます。 ⑤担当のオペレーターに音声で通知し、発信を止めます。 営業コールを拒否"したお客様への再コールを確実に規制します。 電話での簡単な操作で電話発信できます。(規制登録も可能)営業コール担当者は、電話機だけでもご利用できます。 簡単な操作"で営業コール担当者の負担を減らします。
詳細:発信規制システム「テレマの見張り番」

詳細:発信規制システム(カメラ版)
電話勧誘における現代の社会環境・法整備環境の変化により「営業コールを拒否(発信規制)」されたお客様への再コール防止に有効な発信規制システムです。 発信時にPCカメラがボタン電話の画面監視を行い、発信規制先であった場合に、PC画面にその旨が表示されるのと同時に警告音を発し知らせます。 スタッフの方は今までどおりの業務の手順で自動的に発信規制ができます。 (1人1台のPCが必要になります) コールを拒否"したお客様への再コールを確実に規制し、クレームがでないようにします。 企業のイメージダウンを防ぎ、コールした人の士気低下を食い止めます。 簡単な操作"でコール担当者の負担を減らします。